美味しい教室

美味しい教室

  • 2016年11月4日
  • 日々のこと

稚内市内にある老舗スーパー相澤食料百貨店さんにて、カヤニファームのこと、卵のこと、お話する機会がありました。

 

お話したこと、箇条書き。

まとめる時間なく・・・m(__)m

・・・・・・・・・・・・

当ファームのこだわりは?

「ここでしかつくれない卵を生産すること」

全国にはたくさんの養鶏家、そして卵がある。

立ち上げて2年目に本当にこれで良いのか迷う(農的暮らしに必要だが)。

商売として、仕事として成り立つのか、考える。

 

改めてファームのたまごは、

平飼い 

有精卵 

道産100%飼料

無添加

薬剤フリー

 

なにより、

食べる方々の近くで生産していること

⇒ 一番のポテンシャル

 

でもこれだけか?

「ここでしかつくれない卵を生産すること」

この考えにいたるまでなぜか時間がかかった。

地域性が足りないのでは? 

 

以下、こだわりの説明を・・・・・

 

自然卵・・・農家の庭先でつくられた卵 

 

平飼いと放し飼い・・・

ファームは平飼い(1坪10羽)

高温多湿× 換気不良× 光線刺激× 

水分少ない× 赤× 密飼い×

平飼いだけでストレスフリーにならない

すべては健康な鶏を育てること

 

有精卵と無精卵・・・

ファームは有精卵

栄養価同じ 

メス100羽に対してオス5羽(有精卵)

温めると鶏になる生きた卵 

鶏本来の生態を大切に 結果、有精卵になった

 

無添加と添加・・・

ファームは無添加

ヨードやビタミン、DHAなどの栄養強化、補助

色素を添加した鮮やかな黄身

どれも天然由来がほとんどだが、

栄養素は食材から、色素はあえて必要ないと考える

 

薬剤フリー・・・

抗生物質、薬剤不使用。健康な鶏に育てることが重要

 

食べる方々の近くで生産・・・

お互いに顔の見える関係性であること

 (こだわり 飼い方 飼料 疑問・・・説明できる)

お客様と生産者どちらも安心できる

 

北海道産100%・・・・

近くで手に入るもので生産する

人も食べられる安全なものを利用する

地元産・宗谷らしい飼料(地域オリジナルを)

 

ここ3年でポテンシャル整理をし、ブランド化に取り組んだ。

飼料にしている宗谷近海の鮭、利尻昆布が卵のおいしさを支えていると再認識する。

 

よって、

宗谷の海の恩恵たっぷりの「宗谷のしおかぜたまご」にリニューアル。

 

昆布はヨード、甲状腺ホルモン生成に必要なミネラル、鮭は重要なタンパク源であり、由来して豊富なアスタキサンチンが卵に含まれる結果となった。

 

地元素材を飼料として、地元の味に育てること ⇒ 一番の目標

 

どれだけこだわっても味はやっぱり大切!

平飼い自然卵とは ⇒ 

昔食べた、あの味 

それを再現できる唯一の生産方法

母がつくるお弁当のように、いつまでも食べ飽きない

地域オリジナルの味を表現できるもの

 

・・・・・・・・・・・・・

 

IMG_20161104_221606777.jpg

 

そして当日は飼料のお話のために、

実際の配合比に近い『鶏弁当』なるものを持参。

わかりやすい!と好評でしたよ(*^^*)

その後も売り場にしばらく展示されておりました。

 

ありがとうございます。

過去の記事